忍者ブログ
道後温泉の話


  昨日に引き続き 気分が ノッテ 参りましたので・・・ 消防旅行(研修旅行)の話 を

  してみたいと思います。 今回の話は ちょっと 「えぐい」 ので 地元の方から

  非難されるかも しれませんが・・・ 近県でもありますし・・・ 有名な観光名所 でも

  あります この場所に もっともっと お客さんが増える事を願いまして あえて

  書き進めてみたいと思います。5年ぐらい前の話 に なりますが・・・ 消防旅行で

  共同浴場番付で 西の横綱 に 選ばれてる  道後温泉本館があります

  愛媛県高松市の道後温泉に行った時の出来事を語ってみたいと思います。

  道後温泉 と 聞いて 一番に思い付くのが 別名、坊っちゃん湯 としても 有名な

  先程の 道後温泉本館 ですが・・・ 高松市内に入り 道後温泉本館前を通り

  宿泊先の宿、「道後温泉 ホテル 椿館」 までの 道のりには

  潰れて廃墟になった  ドライブイン ・ 土産物屋 ・ ホテル などが ゴロゴロ あり

  すごく イメージが悪く そこで げんなり。  道後温泉本館から 上り坂を上った

  とこに 立つのが  ホテル 椿館。 チェックインし その後、宴会。

  コンパニオンさんとの 楽しい ひととき。  たぶん延長し ラウンジでカラオケ。

  その後、小腹が空いたと 皆が騒ぎ出し ホテル内の店も閉まる時間になってて

  道後温泉本館 そばの 商店街の中に ラーメン店があると聞き ホテルを出て

  坂を下って 皆で ラーメン店を目指します。 しかも 街灯も ほとんど無く、

  不親切な温泉街です。  そんな暗闇で 声をかけて来る ばあさんの声が・・・

  ポン引き(客引き)の ようだったが  無視して ラーメン屋に 直行。  食べ終え

  ラーメン屋を出た頃には 24時ぐらいになってたと思います。 程良く、酔いも

  若干、覚め  ホテルを目指し 坂道を上ってくると まだ  客引き ババア!が・・・

  酔いも覚め 暗闇にも目が慣れてきておりまして・・・ よく 周囲を見ますと

  ババアの立つ横が小さな公園になってて4歳ぐらいの女の子2人が遊んでる。

  ピン!と きたね。 娘に客を取らせババアが客を引く。 夜中に孫の守りして・・・

  一気に素面に・・・ うちにも 同じ年頃の娘(当時)が いましたから・・・

  またまた ババアを無視し ホテルに帰りましたが 腹が立って なかなか

  寝付けませんでした・・・ 負の連鎖が想像、出来ます。 ババアも 娘も

  将来は、孫も 売春婦。 ちょっと  同県で 有名になりました 逃亡犯、

  福田和子さんを思い出しました。(被害者もおられますが さん付けにしました)

  彼女の母親も自宅で売春宿を経営してて 不運な 幼小期だったと・・・

  だから人を殺してよい訳では無いが・・・息子さんも いるんで この話は終わり。

  道後温泉の周辺がクリーンになる事を願います。古い話ですいませんでした。


 

拍手[0回]

PR

2014/02/04 21:17 | Comments(0) | 未選択

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<うちの現場で練習? | HOME | 仲間との再会>>
忍者ブログ[PR]